【TOEIC目標点数は何点?】社会人が目指すべき点数をメリットと共に解説

スポンサーリンク

こんにちは

きちまるです

今まさにTOEICを勉強している皆様

もしくはこれからTOEICを勉強する皆様は

どれくらいの点数を目標点にしていますか?

もしかしたら会社や上司から

〇〇〇点を目標にしてほしいと具体的に

点数を明示されているかもしれませんね

本記事では社会人がTOEICで目標とするべき

スコアについてメリットと共にお話します

何となく漠然とするよりも

明確な点数目標があって

メリットを理解していた方が

俄然やる気も変わってくると思うので

是非参考にしてください

一般的な社会人の平均点は・・?

社会人の英語力は大学生と比較して

どれくらい違うのでしょうか?

実施回にもよりますが下記が平均点となります

 平均点リスニングリーディング
社会人603332271
大学生(4年生)559331248

当時、英語の勉強開始したばかりの

TOEIC300点の私は社会人の平均点の高さと

自分の点数の低さに驚愕しました(笑)

ただ自分の周りを見て思ったのですが

TOEICで600点を超えている社会人は

思ったほどはいません

私はいわゆる大企業と言われるところで

働いており海外事業部もありますが

TOEIC600点以上の社員は数えるほどです

思ったほどいないからこそ

TOEICでの点数が大きな武器になるわけですね

社会人だからこそTOEICを勉強するべき理由

日本でも社内公用語を英語にしている

楽天のような企業が増えてきている昨今

TOEICの点数は社会人生活において

どのような影響があるのでしょうか?

またどんなメリットがあるのでしょうか?

下記にて一般的に言われている

TOEICがもたらすメリットを

厳選して3つ紹介したいと思います

昇進や昇格の可能性UP

新入社員や既存の社員はもちろん

最近では管理職の昇進条件にTOEICの点数を

条件にしている企業が増えています

またスコアがそのまま年収に反映される

実際、調査では約60%の企業が昇進昇格に

TOEICの点数を参考にしている

もしくは今後していこうと考えているそうです

社内での仕事の幅が格段に拡がる

当然ですがTOEICの点数が高ければ高いほど

海外事業部への配属や海外出張を伴う業務など

社内での仕事の幅が格段に拡がります

実際、調査では約80%の企業がTOEICスコアを

社内の配属・転属を参考にしているそうです!

実際私もTOEIC800点を突破してから

海外のクライアントとの仕事を任されました

転職で好待遇の求人が多い

近年のグローバル化の流れに乗るように

高得点TOEICホルダーの市場価値は

非常に高いものになっています

2019年にくら寿司がTOEIC800点以上を持つ

新卒対象で年収1000万の募集をかけたことで

非常に話題になりました

飲食業に関わらず大きな企業であればあるほど

日本国内の小さな市場より大きな市場である

海外での事業拡大を狙っているので

「英語」が出来る人材というのは

これからますます貴重になっていくでしょう

実際、TOEIC800点以上が条件の求人は

どれもこれもが好待遇です

最後に・・社会人はTOEIC800点を目指そう!

日本の企業であれば概ねTOEIC700点以上あれば

社内人事や転職の際に優位に働きます

ただ本記事を読んだ皆様には是非

TOEIC800点以上を目指してほしいと思います

ちなみにTOEIC800点は上位15%の英語力です

TOEIC800点以上を推奨する理由はシンプルで

多くのTOEICホルダーに対し優位に立てるからです

また正しい勉強法で充分な勉強量をこなせば

誰でも到達できるレベルだからです

TOEIC300点の私も1日2~3時間勉強を1年続け

885点まで伸ばすことが出来ています

専門的なスキルが何もない・・・

年収の高い仕事に転職したい・・・

そんな人はTOEICでの高得点を是非狙って下さい

数ある資格の中でも時間帯効果が高いですよ!

本日は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました