【0から始める】TOEIC リスニング400点獲得への道

スポンサーリンク

こんにちは

きちまるです

 

TOEICに関わらず英語のリスニングに自信はありますか?

私は英語学習を本格的に始める前はリスニングが非常に苦手であり

こんなの留学もしていない、帰国子女でもない私には無理だろって本気で思っていました

実際、Part1はなんとかわかるような気がするけど

Part2以降はマジで何言っているかわからない、そんなレベルでした

(2019年10月時点ではTOEICリスニング220点)

 

そんな私ですが約1年間のリスニングトレーニングで

2020年10月のTOEICでリスニング395

2020年11月のTOEICでリスニング455

と劇的なパワーアップを遂げることが出来ました

 

今日は0から始めるリスニング対策について具体的にお話していきます

これを実践することであなたのリスニング力が跳ね上がること間違いなしです!

(実際私が社内でTOEIC指導をさせて頂いた方の7割以上は400近く獲得できました)

 

本記事を読むことで下記のことがわかります

・リスニングの勉強を始める前に絶対に確認したい重要事項
・英語が聞けない要因分析と具体的なリスニング力UP方法
・TOEICリスニング400点を取るための勉強法

 

リスニングの勉強を始める前の確認したいこと

よーし!これからリスニングの勉強頑張るぞ!

これからリスニングの勉強をするあなた、ちょっと待ってください!

 

リスニングは必要なスキルがない状態で勉強してもなかなか力は伸びません!

まずは英単語、英文法が最低限レベル理解できているか

これが本当に重要になります

理想で言えば、英単語ならセンター試験レベル、英文法は高校英文法を

しっかり理解した状態でスタートしたいです・・!

単語と英文法をおろそかにしてリスニングの勉強を開始したはいいけど

思ったように点数が伸びない人、本当にたくさんいます!

英語の勉強の基本は単語と文法

これはすべてに共通しています

 

そんなこと言われても、自分のレベルなんてわからない

今現在のレベルをチェックする方法として

TOEICのPart3~4を解いてみることをおすすめします

最初は聞き取れなくても全く問題ありません

ここで確認してほしいのは英語を聞けなかった要因です

英文(スクリプト)を確認して自分がどのタイプに属するか確認してください

Aタイプ:英文(スクリプト)を読んでも理解できない
Bタイプ:英文(スクリプト)を読めば内容を理解できる

■Aタイプのあなたへ

英文(スクリプト)を読んでも理解できない場合は単語力や文法力が欠落しています

リスニングの勉強を開始する前に一度単語帳や文法書を見直すことをおすすめします

リスニングの勉強は英単語、英文法が半分を占めていますので

全然遠回りではなくむしろ近道になるのでご心配なく!

(私もここからスタートしました)

具体的な英単語の学習方法はこちら

具体的な英文法の学習方法はこちら

 

■タイプBのあなたへ

聞き取ることは出来なかったけど英文(スクリプト)を読めば内容を理解できる場合は

下記のいずれかの理由で聞き取ることが出来ない可能性が高いです

・英語の発音が聞き取れない
・英語の音声変化(リエゾン)を理解できていない
・英語を前から理解することが出来ない
・各国の発音(英米豪カナダ)の違いがわからない

 

次の章で具体的なリスニング力UP勉強法について解説します

これより下はタイプBに該当する方向けとなりますのでご承知おきください

 

具体的なリスニング力UP対策と勉強法

先程、英文(スクリプト)を読めば内容を理解できるけど聞き取れない場合は

以下の4つの要因が考えられるとお話しました

・英語の発音が聞き取れない
・英語の音声変化(リエゾン)を理解できていない
・英語を前から理解することが出来ない
・各国の発音(英米豪カナダ)の違いがわからない

 

これからそれぞれの要因をもう少し紐解き、対策と勉強法についてお話させていただきます

英語の発音が聞き取れない

自分で発音できない音は聞き取れない

こんな話を聞いたことはないでしょうか?

実際に自信が発音できない音は脳が「音」と認識してくれず

「雑音」として処理されてしまうため正しく聞くことが出来ません

 

残念なことに英語と日本語で共通する音は1割しかありません

逆に言うと、英語には日本語にはない「音」が9割を占め

それらを脳に「音」と認識してもらうためには意識的に

英語の発音のトレーニングをする必要があります

断言しますが、英語の音を日本語読みで理解している限りは

リスニングの力は絶対にあがりません

 

では、どのように発音を学ぶか

ここで皆さんに最高の参考書を紹介したいと思います

それは「英語耳」という参考書です

この本は各発音記号ごとに、音の出し方、口の作り方、舌の動かし方を

イラスト付きで丁寧に解説されています

もちろん、付属でCDも付いていますので

音声を聞きながら本の通りに発音するだけで英語の発音を改善することが出来ます

ページ数もそんなに多くなく1か月もあれば終わる内容量なので

サクッと英語の発音を効率的に学びたい方におすすめです!

この1冊と仲良くなることでリスニング力が劇的にUPしますよ!

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる (日本語) 単行本(ソフトカバー)
created by Rinker

 

 

英語の音声変化(リエゾン)を理解できていない

英語にはリエゾンと呼ばれる音声変化のルールがあります

例えばこんな感じです

【同化】2つの単語がつながることでまったく別の音に変わる
・find you(ファインドュー)⇒(ファインジュ)
・did you (ディデュー)⇒(ディジュ)

【脱落】重なった子音が1つ省略されて発音されなくなるor減少し聞こえなくなる
・good night(グッドナイト)⇒(グッナイ)
・right away(ライトアウェイ)⇒(ライダウェイ)

【連結】2つ以上の単語の音がつながる
・talk about(トーク アバゥトゥ)⇒(トーカバゥトゥ)
・come in(カムイン)⇒(カミン)

どうして単語と単語の音がくっつくの?

スマートフォンをスマホ、鬼滅の刃を鬼滅というように

日本語も長いものを省略していいますよね

それと同じような感覚です

(アメリカ人の友人が言ってました)

 

短めにすることで息継ぎの回数が減って

早く伝えることが可能になります

ネイティブの方は幼いころからこの短くするルールを無意識に知っていて

普段生活で当たり前のように使っています

ですのでこのルールを知ることがTOEICの問題を解くうえで必要不可欠です

 

では、どのように英語の音声変化を学ぶか

これも実は「英語耳」で学習できてしまいます!

なので別途、音声変化だけのために参考書を買う必要はありません

「英語耳」を使ってこちらもマスターしてください!

ちなみに英語の発音と同様音声変化もそこまでの勉強時間は必要ありません

なのでこれもサクッと終わらせてしまいましょう!

英語耳[改訂・新CD版] 発音ができるとリスニングができる (日本語) 単行本(ソフトカバー)
created by Rinker

 

いやぁ・・「英語耳」恐るべしです

 

英語を前から理解することが出来ない

英語のリスニング力を上げるには英語の語順で理解できるようになることが重要です

日本の英語教育では英文の意味を理解するために返り読みをしています

(偏差値40の私の高校ではそうでした(笑))

そのため、英語を前から英語を理解するトレーニングが足りていないのです

リスニングはリーディングと違い、わからなかったら戻って訳すということが出来ません

リスニング力を上げるには聞こえてくる語順のまま英語を理解することが大切なのです

 

では、どのようにトレーニングを行うか

こちらに最適なのは「音読」です!

音読を行うことで得られるメリットは以下の3点です

・返り読みが出来ないので、前から英語の語順のまま理解する力がつく
・CD音声等と一緒に音読することで英語の発音が改善される
・返り読みする癖がなくなり、リーディングの速読力UP

なんと、リスニングだけではなくリーディングの力も伸ばすことが出来ます!

これはやらない手はありませんね

 

音読に使用する教材はTOEIC問題集のPart3~4で構いません

特段、音読用に教材を買う必要はないです

音読と続けることであなたの思考回路に

英語の回路が出来て英語を早く正確に処理できるようになりますので

是非トライしてみてください

 

各国の発音の違いがわからない

TOEICはアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダの4か国の英語が使用されています

国によって発音の仕方やアクセントがそれぞれ違うため違いを把握することが重要です

一部ですが各国の違いを以下にまとめます

アメリカ英語
・日本の中学や高校で一般的に学習する英語なので、比較的聞き取りやすい
・「r」の発音が強い
・語尾の音を強めに発音する

イギリス英語
・アメリカ英語に比べるとRの音が弱めです。 
・語尾のRを発音しない

カナダ英語
・発音はアメリカ英語とほとんど違いはないが一部イギリス式が混ざる
・聞きやすい非常にニュートラルな英語

オーストラリア英語
・基本的にはイギリス英語と似ている
・音節の最後に来るrや子音の直前にくるrを発音しない

ただ正直、TOEICのリスニングでは完璧に抑えていなくても高得点を取ることは可能です

なので他の3つの要因を完璧にしたうえで

まだ余裕があったら勉強するという優先順位でOKです

ちなみにTOEICでは方言の差で正答に結びつくような悪問はでません

多少各国の発音の違いがあっても聞き取れる範囲内です

 

TOEICリスニング400点を取るための勉強法

最後にTOEICで400点を超えるための勉強法についてお話します

Part別にどのように勉強をするか参考にしてください!

 

Part1 対策

Part1は写真を見てシチュエーションを答える問題です

「car」や「bike」の言い換えで

「vehicle」など特有な不自然な表現に慣れる必要があります

 

Part1は対策としてはシンプルなトレーニングを繰り返すことが重要です

特にディクテーションはやると本当に力が付きますのでおすすめです!

聞こえた英文を全て書きおこすことで本当に聞こえているかが明確になります

時間がない場合は音読、シャドーイングを何回も繰り返してください!

基本は公式問題集で充分ですが足りない場合は下記の問題集もおすすめです

公式TOEIC Listening & Reading 問題集1~6
created by Rinker
新TOEIC TEST パート1・2 特急難化対策ドリル
created by Rinker

これをやるだけでPart1はもう怖くないはずです!

 

Part2 対策

Part2が苦手な方非常に多くいますよね(笑)

このPartは短い英文から会話の場面や発言の意図を瞬間的に理解する力が求められます

特に「変化球」と言われる素直に答えられない問題の対策は必要です

また、5W1H(who/when/why/what/where/how)から始まる問いに対する

瞬発力も求められます

 

Part2の対策としては、Part1と同様にディクテーションをおすすめします

(時間がない場合は音読とシャドーイングを繰り返してください)

ここのパートのカギは変化球問題の種類をどれだけ知っているか

そして5W1H問題を瞬時に聞き分け対応できるかの2点です

公式問題集や先程紹介した問題集を使って

是非繰り返しディクテーション、音読、シャドーイングをしてください

1冊の問題集をマスターした時は景色が変わり、

2冊の問題集をマスターした時はあなたの英語の世界が変わります

 

Part3&Pare4 対策

Part3と4の対策は基本的には同じで

重要なのは、設問を先読みしポイントを絞り込んで音声を聞くことです

英語の音声が流れる前に設問を先読みするにはリーディング力も必要となります

私は音声が流れる前に設問を3回ほど読み内容が頭に残っている状態で問題に望んでいます

そうすることで問題への理解力も正答率も格段に上がるのでおすすめです

あと小技ですが私はマークシートを1セットまとめて塗っています

リスニング中はマークシートの正解と思われる番号に印をつけているだけです

これはマークシートに塗ることに夢中になって音声を聞き洩らさないようにする

私なりの対策ですのでよければこれも参考にしてください

 

Part3~4の対策としては英文を精読したうえで

音読とシャドーイングを中心に学習をしてください

(ディクテーションはPart1~2と違い英文が長いのでお勧めしません)

 

1つの問題集のPart3~4のシャドーイングが出来てきたら

今度は音声を1.2倍速にして挑戦してみてください!

おそらく最初は早すぎて何をいっているかわからなくなると思います

最初はそれでOKです、問題ありません

負けずに1.2倍速で音読とシャドーイングを繰り返してください

1.2倍速でのシャドーイングに慣れたらもうTOEICの長文は怖くありません

リスニングの本番で音声が遅くはっきり聞こえる現象を是非体験してください(笑)

 

以上、TOEICのリスニング対策でした

リスニングが出来ると英語の勉強がぐっと楽しくなりますので大変ですが

お互いに頑張りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました