【30日で完璧に】core1900のレビューと効果的な使い方

スポンサーリンク

こんにちは

きちまるです

本日はこれから英語の学習を開始する人

私、英語初心者です!っていう人に

特におすすめしたい単語帳「core1900」を紹介します

英語力がまだ足りていない時に

TOEIC単語帳だけをやっても

なかなかスコアが上がらないことがあります

要因の1つとしてはTOEIC単語の知識よりも

基礎単語が単語が足りていないことが多々あります

ちなみに基礎単語とは中・高校レベル単語を指します

私自身、TOEICのリーディングスコアが

300点前後で伸び悩んだ際に

基礎単語を学ぶために本書をやると

一気にスコアが400点まで伸びました

TOEICの単語以上に実は基礎単語の知識は重要です!

本記事では「core1900」の特徴と使い方

1か月で完成させるスケジュールをお伝えいたします

なお、金フレ等で紹介したスケジュールと少し似ていますが

私の単語帳学習が一貫しているためなのでご了承ください(笑)

「core1900」の基本情報

参考書名core1900
ページ数

全464ページ 

収録単語数英語学習の基礎となる約1,900単語
難易度

★☆☆☆☆ (すべての英語学習者対象)

補足情報

・CD付属あり

・音声無料DLあり

基本情報は以上です

公式ではTOEIC600~800を目指す方に最適と書かれてますが

「core1900」と「金フレ」を覚えるだけで

TOEIC800以上を狙えるはずです!

また可能であれば本書に取り組む前に

英文法をやっておくことをおすすめします

「core1900」の特徴

次に「core1900」の3つの特徴についてお話します

英文を読みながら単語を習得できる

私が「core1900」が選んだ1番の理由がこれです

多くの単語帳が単に単語を並べているだけなのに対し

「core1900」は長文を読みながら単語を覚えていく

「DUO3.0」や「速読英単語」のようなスタイルです

英文も「環境」「教育」「テクノロジー」「政治・国際情勢」等

多岐に及んでおり、どれも試験に頻出のテーマです

英語の知識以外にも様々な知識を得ることが出来るのも

この単語帳の嬉しい特徴です

変速収録された英文音声

基本的に単語を覚えるときは

音声を聞きながら覚えた方が効率が良いです

本書に付属されている音声はよくある単語帳と違い

「natural speed」と「slow speed」の2種類収録されています

「slow speed」は英語を耳に慣らさせるだけではなく

シャドーイングをする際にも非常に有効です

単語力と速読力と耳を同時に強化できる

先述した通り「core1900」は

長文を読むながら単語を覚えていく形式です

この形式を生かすために繰り返し音読をしましょう

同じ英文を繰り返し音読することに意味ある?

めちゃくちゃ効果あります!

音読をすることで英単語だけではなく

文法や英文構造を前から理解することが出来ます

また付属の音声を聞きながら音読を行うことで

同時にリスニング対策も出来てしまいます

もう・・・至れり尽くせりですね

「core1900」の効果的な使い方

いよいよ「core1900」の効果的な使い方をお伝えします

先述した通り1か月で完成させれるように

スケジュールを提示していきます

・本書を買ったけどイマイチ使い方がわからない人

・勉強してもなかなか覚えられない人

そんな人は是非参考にしてください

<1週間目>まずは単語帳を1周する

英単語の暗記は短期間の高い回転率が重要です

目安としては1週間で単語帳1冊終わらせるのが理想です

下手に数週間や数か月後で1周してしまうと

かえって効率が悪く覚えることができません

最初の1週間ですべてを暗記する必要はないので

とりあえず1周してください

最初は全然覚えれなくても全く問題ありません

1か月の間で何周もすることで

必ず覚えれるので安心してください

また覚える際は音声を聞いて声に出して覚えましょう

五感を刺激しながら覚える方が格段に覚えやすいですし

TOEICのリスニング対策にもなります

1日目:1~9の英文を学習
2日目:1~18の英文を学習
3日目:9~27の英文を学習
4日目:18~36の英文を学習
5日目:27~45の英文を学習
6日目:36~54の英文を学習
7日目:45~64の英文を学習

これで1週間で単語帳を1周したことになります。

この1週間が一番つらいですが諦めないでください

とにかく前へ前へ進めることが大切です

この単語帳の学習は時間がかかりますが

単語、文法、リスニング等多くのことを勉強できますので

単語帳を信じて学習を続けてください

ちなみに見出し語だけ覚えるでOKです

<2週間目>1日18の英文を学習する

8日目以降は下記のルーティンで単語帳を回していきます

8日目:54~64、1~9の英文を学習
9日目:1~18の英文を学習
10日目:9~27の英文を学習
11日目:18~36の英文を学習
12日目:27~45の英文を学習
13日目:36~54の英文を学習
14日目:45~64の英文を学習

1週間目と同様に1日18の英文を覚えます

まだ完全に覚えきれていないかと思いますが

この週から覚えた英文・単語と

まだ覚えれていない英文・単語を分けましょう

3周目以降の復習の際に使います

分類方法はご自身の好きな方法で構いません

ちなみに私は付箋で分類していますよ

ちなみにもし14日目が終わった段階で

思ったより覚えれていないと思ったら

勇気をもって8日目のルーティンに戻ってください

第3週間目のルーティーンに進むにあたり

単語帳の50%くらい暗記していることを目安にして下さい

<3週間目>1日27の英文を学習する

具体的なスケジュールは下記の通りです

ここから1日27の英文を学習します

15日目:54~64、1~18の英文を学習
16日目:1~27の英文を学習
17日目:9~36の英文を学習
18日目:18~45の英文を学習
19日目:27~54の英文を復習
20日目:36~64の英文を学習
21日目:45~64の英文を学習

ここからは全部学習する必要はありません

2週間目にチェックをしておいた

まだ覚えていない単語や英文を集中的に学習します

短期間で何度も覚えれていない箇所に触れるので

覚えてない単語・英文もきっと無理なく習得できるはずです

<4週間目>3日で単語帳を1周する

この週からラストスパートに向けて一気に学習します

スケジュールは下記の通りです

22日目:1~21の英文を学習
23日目:22~42の英文を学習
24日目:43~64の英文を学習
25日目:1~21の英文を学習
26日目:22~42の英文を学習
27日目:43~64の英文を学習
28日目:1~32の英文を学習

この週も覚えていない単語や英文を集中的に学習します

3日で1周ペースと少しハードですが

3週目までやり抜いた方であれば

段々と英文も単語も覚えてきているはずです!

第5週間目の最終ルーティーンに進むにあたり

単語帳の70%くらい暗記していることを目安にして下さい

<5週間目>お疲れ様です、最後の総復習です

ラストスパートです

29日目:1~64の英文を学習
30日目:1~64の英文を学習

本当にお疲れ様でした!

1か月間かなり詰め込んでやってきて

かなりハードだったと思います

ただ間違いなく短期間で詰め込んだ方が

単語のような暗記物は効率がいいです

まだ単語が覚えきれていなくても心配しないでください

3週間目もしくは4週間目のルーティーンで

学習を進めていけば近いうちに必ず覚えれるはずです

とにかく毎日繰り返すこと!

これが大切です

最後に一言

「core1900」を覚えきったあなたにおすすめしたいのが

単語帳内にある派生語等の取得です

1か月の学習スケジュールに派生語の学習を組み入れると

見出し語の習得に支障をきたす可能性があるので

1か月のスケジュールをこなして

見出し語を覚えきった後でOKです

むしろ、その方が派生語も覚えやすかったりします

ここまでやればあなたの英語力は爆上がりするはずです

あと最後に1つだけ!

完璧に覚えた単語も定期的に見直しましょう

覚えた単語でも時間が経つと記憶が薄れたり

意味がなかなか出てこなかったりします

英単語を見直しを定期的に行うことにより

本当の意味で記憶に定着しますのでこれは是非やってください!

本日は以上です

コメント

タイトルとURLをコピーしました