きちまるについて

スポンサーリンク

当サイトの管理人のきちまるです。2021年4月で社会人になって7年目の社員です。

社会人になって数年は仕事が終わった後は毎日飲み歩いて全く勉強をしてませんでしたが、社会人4年目になった時に会社で強制的に受けさせられたTOEICで同期の中で最低点の奇跡の300点を獲得(笑)

周りと比較して低すぎる点数だったことがきっかけで自分の人生に対して真剣に考えて、何か1つでも人より秀でたものが欲しいと思い、2019年10月から英語の勉強を本格的にスタート!そして2020年10月のTOEICで800点、11月のTOEICで885点を獲得することが出来ました。

ちなみに2021年現在TOEIC885点の他、FPや簿記等の複数の資格を保持しています。また、資産運用や副業で年間約200万円以上の貯蓄を継続することで総資産額1,000万を突破しました。    (資産運用や副業については要望があれば紹介しようと考えてます)

現在はTOEIC900点以上を目指して、毎日3~5時間以上の勉強を続けています。将来的には英検1級やIELTS7.0以上を目指すつもりです。

これだけ聞くと最短効率で進んできたんだろうと思われるかもしれませんが決してそんなことはなく、今振り返ると無駄だったなと思うことやもっとこうした方がよかったと思うことが山ほどありました(笑) 本ブログでは、仕事が忙しくてなかなか勉強の時間が取れない&TOEIC300点の英語超初心者だった私が約1年でTOEIC300点から885点まで上げた具体的な勉強方法やおすすめの英語教材等を紹介していきます。

貴重な時間を効果の薄い勉強で浪費することがないように、効率的に勉強できるように出し惜しみせず情報を発信していきますので、これから英語の勉強を開始しようとしている人、英語の勉強をしているけどイマイチ成果に結びつかない方、どうやって勉強していけばいい方は参考にしていただけると幸いです。

このブログの構成について

このブログは現在のところ3つの大きなカテゴリーで分類しています。ほぼ全て英語の勉強に役立つ内容になっていますのでご覧いただけると幸いです。

雑記

機会を見て更新します。副業や私の趣味の海外旅行や安く海外旅行に行く方法等内容は未定ですがそのうち書きます。

おすすめ英語記事

不定期ですが週数回海外の面白いニュースや日本のニュースの英語記事を紹介してます。TOEIC公式問題集やほかの英語試験の教材の英文は勉強になるのは間違いのですが読んでてあまり面白くないので私が個人的に面白い、もしくは勉強になるなと思う様々なジャンルの英語記事を「おすすめ英語記事」というカテゴリーで紹介していきます!

英文中の難しい単語には下線を引き、別途、単語の意味と品詞とイメージ画像を付けて覚えやすいように工夫しています。

是非、英語の勉強兼読み物としてお楽しみいただけると嬉しいです。英文難易度もTOEICと同等かそれ以上なのでリーディングの練習にも最適です!

勉強法

現在のところ、一番更新頻度が多いトピックで「TOEIC」、「英語教材レビュー」、「コラム」の3つのカテゴリで構成されています。

TOEIC

TOEICの勉強法を中心に解説しています。具体的には、0からリーディング、リスニングで各々400点以上取れる勉強方法やほぼ毎月受けているTOEICの感想などをこちらでまとめています。TOEICの勉強をこれから始める人や800点以上の高得点を狙いたい人は参考にしてください。

英語教材レビュー

金のフレーズやTOEIC公式問題集等の人気の英語教材のレビューをまとめています。各教材の使い方や1冊マスターするためのスケジュール例も掲載していますので教材の使い方に困った際にもこれらの記事は役に立つはずです!

コラム

勉強のモチベーションの保ち方や朝活勉強についてなど、勉強時に知っておくと得をすることについて、勉強法とは別の切り口で解説してます。勉強の休憩時間ややる気がなくなった時の読み物として是非ご活用ください。

持病の「原発性肺高血圧症」と生きた半生

たまにTwitterのDMで持病のことについて聞かれるのでこちらにも記載します。ほとんどの人には関心がないかもしれませんのでその場合はスルーしてください(笑)

13歳の時に発病、将来の夢と希望を失う

私は13歳からずっと「原発性肺高血圧症」という根本的な治療法がない、100万人に1人の割合でかかると言われる難病を患っています。一言でいうと、ちょっとした運動で息切れをし、少し運動をするだけで体中に酸素がいきわたらなくなり失神、最悪の場合は死に至る病気です。

現在では薬や維持療法がだいぶ増えてきていますが私が病気になった15年以上前は国に認可された薬は1つしかなく、また普通のお医者さんでは発見することが困難なことから手遅れになる人が続出したそうです。実際、病院で挨拶した私と同世代の人が亡くなったという経験を何度もしました。

私自身も13歳の時に医者から20歳まで生きれるかどうかという余命宣告を受け、入退院を繰り返しながら中学、高校生活を過ごしてきました。また、物心ついたころからの夢だった、警察官になることも諦めざるを得ませんでした。

高校卒業後、将来の夢もなくしやりたいことも何も無くなった私は病院のベットの上で自分の運命を嘆いてばかりいました。このまま狭い病院の部屋と家の往復で楽しいこともできず、やりたいことも見つけれず人生終えるんだろうなと本当に思っていました。

そうして、20歳になる年、ある転機が訪れます。

偶然の出会いで人生が好転

通院のために来ていた東京の街でたまたま大学のオープンキャンパスが開催されているのを見かけたのです。中学、高校と入退院生活をしていたこともあり、偏差値40ほどの高校に通い、テストの順位も下から数えた方が早いという学生でした。ただ、病気をしてやりたいことも何も無くなった13歳以来、はじめて何かに挑戦してみたいと思いました。なぜそんな気持ちになったのか、今ではその理由は覚えていません(笑)

病院のベットの上で初めて親に大学受験をしたいということと、親元から離れて上京したいということを伝えました。もちろん、親は大反対です(笑) 当然です。私が親だったらそうします。ただ、私の決意は固く、親に何を言われようが、医者に何を言われようが、毅然とした態度で自分の気持ちを伝え続けました。今考えると病気で反抗期を逃した私の最初で最後の反抗期だったのかもしれません(笑) 

医者からは死ぬ可能性があって何があっても責任は取れないとまで言われましたがそれでも決意は揺らぎませんでした。最終的には、滑り止めなしで偏差値60以上の都内の有名大学であれば受験を認めると親から許諾を得ました。後から親に聞くと、学生時代の私の成績を知っていたから絶対に無理だと思ったそうです(笑) 

地獄の受験生活

2010年の夏から受験勉強を開始しました。高校卒業から時間が経っていること以上にこれまでまともに勉強したことない私は、英語なら中学レベル、国語も漢字を覚えることからスタートしました。今ならスタディサプリのように気軽にプロに教えてもらえるツールはたくさんありますが私が受験を決意した時にはそんな便利なものはなく、ひたすら参考書と問題集とにらめっこするしかありませんでした。

モチベーションダウンとか言ってる余裕がない私はカフェやミスドで毎日10時間以上の勉強を続けました。そんな姿がカフェの常連さんの間でちょっと有名になり、お守りや図書カードなどいろいろなものを寄付してもらいました(笑) みんな本当に優しい・・・

運命の合格発表

受験も終わり合格発表の日、結果は何と不合格でした。人生で一番努力した半年でしたが他の受験生の積み重ねや努力には勝てず敗北しました。今後の人生はどうなるんだろうと漠然とした不安に支配されて毎日を過ごし、2週間ほど経った頃、信じられないような奇跡が起こります。なんと私の受験した大学から合格通知書と共に大学の入学案内書が届いたのです!届いた書類の中身をみるとたまたま合格辞退者が出て繰り上げで合格できたということが書かれていました。この時ばかりは嬉しさのあまり大泣きしました。この時から今に至るまで私の人生は180度プラスの方向に傾きます。

親の決断と私の体に起きた奇跡

まさか合格すると思っていなかった親二人。さすがに合格を無下にすることもできず大学入学の手続きを取ることになります。(本当にありがたい話です) 上京するまでの時間で何をやっていたか、ここは正直覚えていません(笑) ただ、この時期からあれだけ入退院を繰り返してた体に変化が訪れます。医者がよくわからないくらいに体調が一気に改善したのです。合格の嬉しさで体に超常現象でも起きたのでしょうか?いまだに謎のままです。

大学入学から現在に至る

2011年5月(震災で入学が遅れた年です)、2010年の夏にオープンキャンパスで訪れた大学に無事入学することになりました。大学生活は本当に楽しかったです。中学高校とやりたいこともろくにできなかった私にはありとあらゆることが新鮮に感じられました。不思議なことに持病も治りはしませんが日常生活を送るには支障がないくらいに改善し、上京して現在まで一度も様態意を悪化させることなく過ごしています。

2021年3月現在、大学を卒業した私は春で社会人7年目に突入します。医者に余命宣告をされて約10年以上生き長らえています。もし、私と同じ病気、もしくはご家族が同じ病気の方、その他、人生の何かに悩んでいる方へお伝えしたいのが一生懸命に生きていたら人生が変わることもあるということ、また、最悪の今の状態から抜け出して何かを見つけることが出来れば一回り成長できる可能性があるということです。(ありきたりですが本当に実感してます)

このブログを見てくださっている方がいて私に出来ることがありましたら是非ご相談ください。可能な限り、お助けしたいと思います。長々と私の半生を読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました